くすみを除去する洗顔方法とは?積み重なった古い角質を優しく洗いワントーン軽い肌へ♪

最近シミやしわが目立ってきた・・。肌がガサガサでなんか肌が暗い気がする・・。

そんな悩みの原因は「古くなった角質」かもしれません。

普段の洗顔でくすみが除去できれば・・・

今日はくすみを除去する方法を幾つかまとめました。

肌のくすみの原因って

そもそも肌のくすみが出来る原因は

・肌の乾燥による潤いが少なくなった
・毛穴の汚れにより肌が暗く感じる
・古い角質や老廃物の堆積により綺麗に除去できていない
・日焼けによる肌ダメージ
・寝不足やストレスによる肌色が暗い
・加齢・摩擦による色素沈着

などの理由が考えられます。

上記のようなくすみの原因を自分で対策出来ないか?

それは「洗顔方法の工夫」で軽減できます。

自分で防げるくすみ対策洗顔方法

普段毎日する洗顔をもう一度おさらいしてみましょう。

1.手をしっかり洗う
⇒手の油分を落として清潔にします。

2.顔をぬるま湯や水ですすぎます。
⇒洗顔座位との馴染みを良くするためと大きな汚れを浮かせます。

3.泡立てネットで泡立てます。
⇒泡立てネットで泡立てた方がより泡立ちます。

4.顔に泡をのせて優しく擦らず洗います。
⇒Tゾーンや鼻筋など、皮脂が多い場所から泡をのせ、
手で擦らずに泡の摩擦のみで洗う様にしましょう。
洗う時間は短めにしましょう。

5.しっかりと泡を洗い流します。
⇒泡残りは肌荒れの原因となります

6.タオルドライはこすらず優しく。
⇒タオルを押し付ける様に水分を取ります

洗い過ぎに注意

ポイントは「こすらず優しくです。」泡の力で洗う事を意識して下さい。

さっぱりしたい、汚れをしっかり取らなきゃ・・・と顔をゴシゴシ洗ってしまうと逆効果になります。

肌が乾燥してしまい、ガサガサ肌やツッパリ肌になり・・・肌荒れ・トラブルの原因になっていきます。

乱れた肌のキメは古い角質となり、結果的に肌に堆積してしまう事になります。

荒れた肌では毛穴も開いた状態のままになってしまい、余計に汚れが入り込むようになってしまいます。

洗いすぎずしっかりした手順で優しく洗顔する事が結果的にくすみを軽減させ、ワントーン明るい肌につながることになります。

洗顔料にもこだわりを

くすみ対策にワントーン明るい肌を目指すためには洗顔料も自分の肌になったものを選ぶと良いかもしれません。

こすらずに洗えるクレンジングオイルと洗顔クリームのセットがWEB限定で半額キャンペーンを期間限定で行っています。

口コミや評判も非常に高いので是非お試ししてみてはいかがでしょうか?

※キャンペーンは記事作成時の情報になりますので、今現在行わているかは保証できません。詳しくはリンク先をチェックしてみて下さい。